おとなの料理-06 (10月)

今回のテーマは、”めざせ、100歳! いろいろな食品をバランスよく食べて、元気に美しく年齢を重ねましょう”でした。

メニューは、

 ・秋の恵みの朴葉(ほおば)焼き
 ・春菊とえびのくるみ白あえ
 ・紫キャベツと白いんげんのりんごあえ
 ・かぶのすり流し汁
 ・きびごはん

秋の恵みの朴葉(ほおば)焼き

味噌の香ばしさと相まって、秋の味覚を堪能できます。おつまみにも最高と思いましたが、教室では出ませんでした。

春菊とえびのくるみ白あえ

子供の頃、春菊も白和えも苦手でしたが、最近は美味しいと感じられるようになりました。歳のせいかな?

紫キャベツと白いんげんのりんごあえ

紫キャベツを茹でて、りんごのすりおろしと和えるだけです。紫キャベツの茹で汁の色がちょっと怖かったです(捨てましたが。。)

かぶのすり流し汁

本日のお薦め。塩としょう油で味を調えた汁でカブを煮て、そこにカブをすりおろしたものを入れて、葛でとろみを付けます。和風って感じです。

写真は、今回師範代のものを添付しました。同じ食べもなのに、器や飾り付けが違うと美味しく見えますね。カメラも新しくなっているので、写りも良くなっていると思います。

次回テーマは、”美肌をつくる”です。お楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です